浮気調査を探偵事務所に依頼する際の注意点

まずは浮気の証拠をつかむこと

浮気が発覚したら、復縁を望む場合でも離婚を望む場合でも、まずその証拠をつかむことが重要です。証拠がなければ、相手もできるだけ言い逃れをしようとしますし、なかなか話が進まず、お互いが嫌な思いをする時間が長引くことになり兼ねません。復縁の望む場合は、相手が浮気を認めて落ち着いて謝る気持ちになるだけの証拠があれば良いですが、離婚を望んで裁判に発展することを考えるなら、裁判で使える証拠がひとつでも多くある必要があります。

裁判で優位な浮気の証拠

裁判で優位な浮気の証拠は、特に不貞行為があったという事実です。ホテルからふたりで出てくる写真をおさえれば安心と思いがちですが、ある程度の滞在時間が証明されないと、ケースによっては浮気の証拠にならないこともあります。裁判で有効な証拠として集めるなら、探偵事務所などプロに依頼するのもひとつですが、お金がかかるのが難点です。まずは、自分で相手の行動パターンを記録したり、クレジットカードなどの明細をチェックしたり、メールや電話の履歴などをチェックすることなど、できることはたくさんあります。できる限りの証拠を集めてから探偵事務所に依頼すれば、調査費用も安くすみますので、結果どのようになるとしても、まず証拠をつかむことが鍵となります。