浮気調査を探偵事務所に依頼する際の注意点

一般的な浮気調査方法

探偵事務所に浮気調査を依頼すると、探偵は依頼者から調査をする対象者の行動パターンや、浮気が疑われる時間などの情報を聞き、張り込みや尾行を開始します。単独での行動では、長時間の張り込みや尾行時にトイレに行けないことや、同じ探偵が尾行していると顔が覚えられてしまうことや、ホテルなどで複数の出口で見張ることができず対象者を見失いやすいことなどから、2人以上の複数での調査が一般的です。依頼の内容や料金に応じて、徒歩や電車のみでの調査の方法と、車やバイクを使って尾行する方法があります。車やバイクを使っての調査は、徒歩のみの調査の1.5倍~2倍の料金がかかるのが相場です。探偵は、対象者が確実にいると分かる場所から張り込みを始めて、移動したら尾行します。

浮気調査のプロ

至ってシンプルな仕事ですが、素人の尾行では、すぐに対象者に気づかれてしまいますし、浮気現場での決定的な証拠を写真に撮るにも、大体がひっそりしていたり、暗い場所なことが多いので、顔がしっかりわかるように撮影するにはプロの技術が必要となります。そうして集めた対象者の行動を記録し、浮気の現場をおさえたらその証拠写真を撮るなどして、依頼者に報告するのが探偵の仕事です。