浮気調査を探偵事務所に依頼する際の注意点

離婚を望むなら弁護士へ

探偵事務所に浮気調査を依頼するとき、依頼者が復縁を望んでいる場合と、離婚を望んでいる場合がありますが、離婚を望んでいる場合は、慰謝料請求などの裁判になったときに優位な証拠を浮気調査で少しでも多く集め、弁護士にお願いするのがいちばん心強い方法です。探偵事務所に支払うお金を用意するだけでも大変なのに、弁護士を雇うなんて無理と思われる方も多いですが、当事者だけでは、つい感情的になりもつれてしまうことも、法律に従い、冷静にしかも依頼者の味方になって話を進めてくれますので、より速やかに解決したい場合は弁護士にお願いするのが良いでしょう。

探偵事務所が弁護士を紹介

最近では、調査を依頼した探偵事務所から弁護士を紹介してくれることもあります。探偵事務所と弁護士が繋がっていることで、裁判などに必要な浮気調査で集めた証拠などがより詳しく伝わり、弁護士も万全な状態で裁判へ向かえるというメリットがあります。弁護士費用は、依頼する時に払う着手金と交通費や通信費など実費と、裁判の結果による報酬金とが必要になりますが、決定的な証拠を持っている場合は、弁護士に依頼して裁判に手堅く勝訴し、勝ち取った慰謝料を弁護士費用にあてると考えれば良いのではないでしょうか。